モナムール清風堂☆monamou☆

monamour
カフェ

FRANCE NEWS-フランスからの便り-

□2009/12/06(Sun) □

☆マカロンナンシー☆

フランス在住11年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

こんにちは。先日ナンシ−に行ってきました。ナンシ−はフランスの北東に位置し、ストラスブルグと目と鼻の先にあります。ナンシ−と言えばマカロンですね。私が行ったお店にも日本人のお客さんが列を作っていました。お店の人に何も頼んでいないのに日本への土産か(マカロンが壊れないように特別包装してくれる)と聞かれ驚きました。それだけたくさんの日本人がこのお店を訪れるからなのでしょう。また、どうしてここまでわざわざ日本人が、このマカロンンシ−を買いに来るのかと聞かれたので、私たち日本人はとても食いしん坊だからだと答えておきました。
このマカロンナンシ−は、フランス各地に存在する数々のマカロン同様(マカロンパリジャン以外)ねっとりとした食感で、アーモンドの香りが香ばしい素朴なお菓子です。紙の上に絞って焼かれ、紙からはがされることなくそのまま販売されます。他にも写真にあるベルガモット風味の飴と、淡い緑の砂糖に包まれたプラリネの一口菓子もナンシ−の名物といことで購入しました。飴のほうはベルガモットの香りがやや強いように思いましたが、プラリネの砂糖がけは思いのほか軽い歯ざわりで、プラリネが香ばしく後を引く美味しさでした。
先ほどもいいましたが、ここナンシ−はストラスブルグのすぐ隣。とういことで以前お話したサン二コラのお祭り(12月6日)がこちらでも行われるということでした。一ヶ月前の11月6日から飾り付けが始まり、夜が長くつらい季節もこのおかげで、うきうきした気持になれると地元の人が言っていました。
他にもフランス北東部に見られる特徴として、クロワッサンがあげられます。ここのクロワッサンはベルギ−で食べたのと同様にフォンダンがかかっていました。パリでこのタイプのクロワッサンをみつけるのは至難の業といっても過言ではないと思います。本当にその土地土地のお菓子に出会い味わうのは楽しいものです。
町には驚くほどのお菓子屋さんがありどのお店もハイレベルでした。パリに来た日本人たちから、パリのお菓子屋さんにがっかりしたとよく聞きます。(私もその一人ですが)しかしナンシ−ではそういうことはありません。
これからフランスにこられる方でお菓子に興味のあるかたは、是非フランス北東部によられる事をお勧めします。
それではまた次回おあいしましょう。
□2009/06/19(Fri) □

☆フランス人の太陽☆

フランス在住11年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

こんにちは。暖かい季節がやってきました。このころになると、パリのCAFE のテラスは観光客とパリっ子で埋め尽くされます。写真はサンジェルマン・デ・プレにあるCAFE。CAFEのよいところはなんと言っても長居できること。日本のようにお冷は出ませんし、迅速なサービスを求めることはできませんが、その分お客も、サービスの人の冷たい視線を気にすることもなく、ゆっくりできるというわけです。

 ヨーロッパ圏の人たちは、テラスで時間を過ごすことを、至極の喜びとしています。日没が10時頃なので、夕食もテラスでゆっくりと楽しみます。日本の繁華街は雑居ビルが多く、テラスを作るわけにもいかないでしょうし、なんといっても蒸し暑いので、冷房の効いた室内で冷たいビールを飲むほうが魅力的でしょう。でも湿度が低く、朝夕の寒暖の差が激しいフランスでは本当に快適なんです。

 日本人は特に女性は、太陽の光を異常なほどに嫌いますが、以前にも言いましたように、フランスではその逆です。パリには公園がたくさんありますが、みんな何をすることでもなく、ただくつろぐために、そして日差しを求めて公園にやってきます。また家庭では、庭のある家ではバーベキューをこの季節は楽しみます。この時期、友人宅にご馳走になりに行くと、ほとんどバーベキューです。肌寒くても大体のフランス人は平気でTシャツ姿でお肉を焼き、飲み食べ、騒ぎます。また庭のないアパートなどでも、ベランダに椅子とテーブルを置き、そこで食事をしたりくつろいだりします。フランス人の太陽と屋外にたいする執着は日本人には理解できないでしょう。でもフランスに住めば理解できます。事実この私がそうなりつつあるのですから。

 それでは、また次回お会いしましょう。
□2008/12/17(Wed) □

☆クリスマス市☆

フランス在住10年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

こんにちは。12月に入って寒さが一段と厳しくなってきました。先日パリにも雪が降りました。日本もフランスもこの頃になると、クリスマスに向けて皆準備を始めだすのではないでしょうか。
 日本でクリスマスといえば、恋人同士でロマンチックに、友達とにぎやかに過ごすというイメージですが、フランスでは必ずと言ってよいほど家族と過ごします。これも昔は家族そろってクリスマスのミサに行っていたという名残なのでしょう。
 さて今回はクリスマス市についてお話します。クリスマス市といえばドイツが有名ですが、フランスではドイツとの国境に位置するアルザスのクリスマス市が有名です。教会の広場にアルザス特有のお菓子のパンデピス、ホッとワイン、CRECHEというキリスト誕生の場の模型などを売る露店が立ち並びます。日が暮れた後は教会や露店からの灯り、ライトアップされきれいに飾り付けされたもみの木などがが入り交ざって幻想的な雰囲気でいっぱいになります。
 この時期アルザス行きのTGVは満席、ホテルも満室となります。つまりフランス人はクリスマス市が大好きなんです。
 というわけでフランス全土にこの時期クリスマス市が立つようになりました。クリスマスとはまったく関係ない民芸品や物産物を割高で販売する露店が目に付きますが、日本の縁日のようなものでつられてついつい見てしまい、ついつい買ってしまいます。
 もちろんパリにもクリスマス市は立ちます。写真の市はダビンチコードと、お菓子好きなら誰もが知っているピエールエルメのあるサンスルピス教会の広場に立つクリスマス市です。私もご他聞に漏れずパンデピスをこの日購入してしまいました。(スーパーで同じものを見つけてもけっして買わないのですが・・・)は誰もをとりこにする不思議な魅力を持っているんです。
 それではまた来年お会いしましょう。少し早いですが、よいお年を!

□2008/09/14(Sun) □

☆バカンス☆

フランス在住10年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

 こんにちは。暑い夏が終わり過ごしやすい季節がやってきました。
 フランスの9月は日本の4月にあたり、新しい生活の始まる時期です。その前に学校は2ヶ月間、企業は4週間という長〜い夏休みがあります。フランス人にとってバカンスは日本人には想像できないほど重要なもの。たまに、この人たちはバカンスのために働いているのではないかと錯覚するほどです。それでも物価の上昇の激しい今年は、人口の50%にあたるフランス人がバカンス中旅行に出られなかったそうです。
 幸いこの夏、私は1週間フランス南西部に位置するペイバスク地方に行ってきました。ここはスペインとの領土争いが18世紀中ごろまで続き、その後国境は引かれたものの、今でもETAという団体が独立を求めて活動を続けています。それだけに独自の文化は色濃く残っています。例えばバスク語。道路標識はフランス語とバスク語の2言語で表示されています。
 私にとってバスクといえばガトーバスクです。どんなに小さなお菓子屋さんにもこのガトーバスクはあり、パリでは見たことのないさくらんぼのジャム入りというのがオリジナルだそうです。さくらんぼのジャムはこの地の特産品で、地元の人は羊のチーズを薄くスライスしたものにこれを載せて食べるのだそうです。
 そのほかにも、マカロンとトゥーロンが名産品としてお菓子屋さんに並んでいました。マカロンは私たちの知っているマカロンパリジェンとは異なり、クリームの挟まっていない生地のねっとり感を楽しむタイプ。トゥーロンはマジパンに色粉やお酒、ナッツなどを加えて薄くスライスしたもの。いずれのお菓子もアーモンドの質の良し悪しが味を大きく左右します。日本人にはこのマカロンとトゥーロン、素朴すぎ甘すぎというところではないでしょうか?あんこ玉を食べているようなものですから。
 ペイバスク地方は海と山、避暑地にありがちな高級感と山間にある素朴感が同時に楽しめるところです。フランスにお越しの際は是非立ち寄ってみてください。
 それではまた次回お会いしましょう。
 
□2008/06/04(Wed) □

☆赤い実のフルーツ☆

フランス在住10年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

 こんにちは。PARISは一週間ほど前まで、夏の暑さが続きましたが、ここ数日また涼しさが戻ってきました。日本では考えられないことですが、こう寒暖の差が激しいと、Tシャツ姿の人もいれば、ブーツをはいている人もいて服選びは簡単ではありません。わたしのような寒がりや朝早く出勤するものはどうしても着込んでしまいます。衣替えという言葉が日本にはありますが、フランスでこれに当てはまる言葉がないのもうなずけます。太陽がやってくると特に女性はここぞとばかりに肌を出します。いくら太陽が出ているとはいえ、寒いのではと心配になるのですが、さすが肉食の国、体のつくりがどうやら違うようです。
 余談が長くなりましたがこの季節、赤い実のフルーツが果物屋さんに並びだします。木苺(フランボアーズ)やイチゴはその代表格です。イチゴはフランス産の果肉のやわらかいものが出始め、値段はスペイン産の倍ほどしますが、味では群を抜いています。日本人にしてみると赤味にかけるし少しふわふわした感じがするかもしれませんが、フランス人はフランスのイチゴが世界一と信じています。フランボアーズはまだスペイン産のものが主ですが、きちんと熟したものは実も柔らかで甘さも増しイチゴよりも人気があります。でもフランボアーズはイチゴよりも高価なので少しつまんだり、ヨーグルトにちょっとのせて楽しむといった食べ方が一般的だと思います。
 しかしなんといっても赤い実のフルーツの王様は、野いちごです。これは幻のフルーツといっても過言ではありません。果物屋さんでもほとんど見かけることはありません。とても痛みやすく日持ちがしないのがその理由です。フランス人でも野いちごを見たことのない人のほうが多いのではないかと思います。写真を撮るためにPARISの果物屋さんを回りましたが見つからずあきらめていましたが、先日VICHY(温泉地で有名、フランスの真ん中あたりに位置する)に行ったところ、小さな市場がたっており、そこで野いちごを発見しました。撮影後、早速食べましたが、やはりとてもおいしかったです。野いちごの特徴はなんと言ってもあのすばらしい香りです。そう松茸のような感じです。是非一度皆さんにも味わってもらいたいです!
 残念ですが、果物の種類の豊富さでは日本はフランスにかないません。これから夏にかけてフランスに来られる方は、是非おいしいフランス産の果物を堪能してください。
 それではまた次回お会いしましょう。
□2008/03/20(Thu) □

☆復活祭☆

フランス在住10年目、パリのサロンドテ(お菓子とお茶が中心の喫茶店)に勤務しているパテシエール城田紀子さんからのお便りです。

 こんにちは もうすぐ春分の日ですね。日本人でしたらぼた餅とくるところですが、フランスではもちろんチョコレートです。復活際=Pâques(十字架にかけられて死んだイエスキリストが三日目によみがえったことを記念する)がやってくるからです。この復活祭、毎年日にちが違います。春分の日の後の最初の満月の後の日曜日というわけで、今年は3月23日ですが、遅い時だと4月20日以降というときもあります。冷房のない菓子屋にとっては地球の温暖かも手伝って、4月の暖かい日などはチョコレートが解けてしまうこともあるので、今年は理想的といえるのではないでしょうか。
 ご存知の通り復活祭には卵が登場します。イエスキリストの復活があたかも殻を破って生まれてくるひよこのようだというところから来ています。うさぎも卵を庭に運んでくるといわれよく見かけます。
 ですからわたしがチョコレート店で働いていた時は、にわとり、卵、うさぎの型で一日中チョコレートを作り続けました。
 このチョコレートの恩恵を受けるのはもちろん子供達で、スーパーには復活祭の一ヶ月前からチョコレート売り場が特設されます。日本で言うと年末のおせち売り場コーナーといったところでしょうか。手ごろなものから高級専門店の子供に与えるとは思えないようなシックな高価なものまでいろいろあります。
 パリでは庭付き一戸建ては珍しいので直接手渡しですが、庭のある家庭では子供たちがチョコレートでできた卵を探します。
 日本にいたときは春分の日といってもまだ底冷えのする日もあり、春が来たとはなかなか思えませんでしたが、冬の日照時間が日本に比べて短いフランスにいると、春が一歩一歩近づいてくるのをひしひしと感じます。
先程、復活祭のチョコレートの恩恵を受けるのは子供たちといましたが、大人たちも楽しみにしています。もちろん春が来るからですがそれだけではなく春休みに入るからです。フランス全土を3分割して一週間ずつ休みを取ります。こうすることによって日本のゴールデンウイークのようなパニックを避けることが出来ます。もう春はそこまで来ています!
 それではまたお会いしましょう。
□2007/11/30(Fri) □

☆今年もまたクリスマスの季節がやってきました☆

フランス在住9年目 パリ郊外のお店に勤務している
パテシエール 城田紀子さんからのお便りです。

 こんにちは。今年もまたクリスマスの季節がやってきました。フランスのお菓子屋にとっては、一日中お日様を見ることの出来ないつらい時期です。(製造場所がたいてい地下にあり、朝から晩まで作業が続くためです)でも一般の人々にとって、クリスマスは心うきうきするものですね。ヨーロッパの冬は本当につらく長いもので、クリスマスはそんな厳しい冬を乗り越えるために、考え出されたものだという説もあります。
 サンニコラをご存知ですか。サンタクロースの元になった聖人です。12月5日にロバに乗って子供たちの家にやってきます。子供たちは暖炉やドアのそばにロバをおびき寄せるために人参や干草を、プレゼントのために靴下を置いて待ちます。もし子供たちがよい子にしていたら、サンニコラがプレゼントを置いてってくれるので、この時期子供たちは親の言うことを聞く様心がけます。  
 写真はベルギーに行った時に撮ったもので、スペキュローズという香辛料入りクッキー生地を巨大なサンニコラの木型で抜いて焼いたものです。あちらこちらのお菓子屋のショーケースに所狭しとならんでいました。このサンニコラはフランスでは北東部で受け継がれている行事です。残念ながらパリではこの日何も起こりませんが、私が以前働いていたパリの店では、経営者がアルザス出身だったので、写真右上にあるようなサンニコラをかたどったパンデピス、マナラという子供の形をしたブリオッシュ、ブレデレという星の形をした香辛料の入ったクッキーなどを作りました。
 サンニコラの行われる地方はもちろんクリスマスもあるわけで、12月は親にとって出費のかさむ、子供たちにとっては2回もプレゼントがもらえる幸せな月です。 それではまた次回お会いしましょう
□2007/10/09(Tue) □

☆すっかり秋らしくなってきたPARIS。☆

城田 紀子さんから。
(フランス在住9年目。只今パリの郊外のパティスリーに勤務中。)
 街のお菓子屋さんにも栗を使ったお菓子が出始めるのもこの頃です。日本では一年中見かけるモンブランですが、ここFRANCEでは一般的に秋のみに登場するお菓子です。
 メレンゲとマロンクリームの組み合わせがクラシックですが、タルト生地を土台にしたものなどもあります。マロンクリームはマロンペースト、バターやラム酒などを混ぜ合わせて作ります。実は、ほとんどのお菓子屋さんでは缶詰や冷凍のマロンペーストを使っているので、モンブランは新鮮な秋の味覚というわけではないのですが、やはり秋になるとマロンが恋しくなるのはフランス人も同じということでしょうか。
 フランス人にとってマロンといえばマロンショー。大型スーパーにある車輪付きの買い物籠(何故ここにあるのか?失敬してきたとしかおもえない)にドラム缶を改良して作った栗焼き器がのったものをメトロの駅前などで秋から冬にかけて見かけます。この焼き栗、新聞紙や広告で作った棒推計のいれものにいれてくれますがなかなか美味です。友人はこの栗を使って栗ご飯を作ったと自慢していました。余談ですが、何故なのかは解らないのですが、写真にもあるように焼き栗を売っているのは、インド、アフガニスタン系の人がほとんどです。彼らの専売特許なのでしょうか?夏もこの焼き栗器は健在でとうもろこし焼き器に姿を変えます。
 ラデュレにモンブランを買いに行ったところ、残念ながら売り切れだったので、ダロワイヨに。モンブランはなかったのですが、前々から気になっていた
ジャガイモのような地味なケーキの名前がマロン・カシスだったので購入してみました。左隣の宝石箱のようにきれいなケーキも2007年の新作なので挑戦。宝石箱はいまひとつでしたが、ジャガイモのほうはあたりでした。マロンクリームにほんのり香るカシスが効果的で、重めのラム酒とカシスの実の入ったアーモンドクリームのタルト台とよくあっています。そういえばこのケーキ、決してショーケースの真ん中に陣取ることはないものの、替り行く商品の多い中いつも存在していたことを思い出しました。確かにジャガイモのようなケーキをお土産に買っていく人はあまりいないと思うので、このケーキが大好きな人が自分のために買っていくのでしょうね。
 それではまた次回お会いしましょう。
□2007/09/28(Fri) □

☆はじめまして!☆

 初回は<パリ祭>についてです。
 日本ではパリ祭と言いますが、フランスではフランス革命の発端となったバスティーユ牢獄襲撃の日を記念し、Quatrose Juillet(7月14日)と言われています。当日はシャンゼリゼ通りの軍隊行進、そしていたるところで花火が打ち上げられます。2日前までは初秋のような天候でしたがお天気にも恵まれ、今年もフランス人にとって誇りのこの祭日は終了しました。
 今の季節のお菓子といえば、Glace(アイスクリーム)とSorbe(シャーベット)でしょう。甘い物好きのフランス人といえどもさすがにケーキは重たいようで日本と同様ケーキ屋さんにとっては暇な時期。そこでGlaceやSorbeを作って店先で売っているところもあります。私がフランスに来て初めて食べたSorbeはカシス(黒すぐり)で、今でもそのおいしさは忘れられません。意外なことにイチゴのアイスクリームは今までに見かけたことがなくハーゲンダッツに駆け込んだこと何度か・・・
 ところで日本は季節限定商品が後を絶ちませんが、フランスではほとんど見かけません。そんな中ダロワイヨで桃味マカロンを発見!早速味見を。なかなか美味でした。発想はSorbeとまったく一緒でレモンやオレンジのクリームの配合を桃のプューレと桃の香料に変えたというわけです。つまりバナナや洋ナシ、パイナップルやメロンな〜んていうのも可能ですが、果たしてお味のほどは?
 それではまた。次回お会いしましょう。

online shopping
オンラインショッピング

地産地消への取り組み


武蔵国府ロール
好評発売中!


モナムール携帯・スマホ版

モナムールスタッフの気ままなブログ」も宜しくお願いいたします。

創業明治元年。

1階はパティスリー&カフェ、2階はパーティールームもそなえたイタリアンダイニング

★駐車場は、大國魂神社
駐車場がご利用になれます。

■お会計の金額ごとに無料サービスをご用意いたしております。

2,000円以上 30分
4,000円以上 1時間
8,000円以上 2時間まで
是非ご利用下さい。